TiktokにYoutubeのリンクを貼る方法&登録者を獲得するコツを徹底解説

Tiktokにyoutubeのリンクを貼る方法のサムネイル

TiktokやYoutubeを運用している人の中で、以下のような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

  • TiktokにYoutubeのリンクを貼る方法を知りたい
  • Tiktokを利用してYoutubeの登録者数を増やしたい

この記事では、TiktokにYoutubeのリンクを貼る方法やTiktokを利用してYoutubeの登録者数を増やすコツを紹介します。

TiktokにYoutubeのリンクを貼る方法

TiktokにYoutubeのリンクを貼ることで、効率的にYoutubeの視聴者を増やすことができます。

今後、Youtubeのマネタイズにも力を入れたい人は、Tiktokからの流入を利用しましょう。

Youtubeリンク欄に設定する

まず、プロフィールを開き「プロフィールを編集」をタップします。

プロフィール画面を開いたら「YouTube」を選択してください。

リンクを追加したいYoutubeアカウントを選択し「許可」をタップして完了です。

ビジネスアカウントに変更し、ウェブサイト欄に掲載する

また、もっとリンクを目立つ箇所に掲載したい場合、別の方法でもリンクを掲載可能です。

アカウント管理から「ビジネスアカウントに切り替える」を選択します。

ビジネスアカウントに切り替えることで、それまで見れなかったアナリティクス機能やウェブサイト欄が開放されます。

ビジネスアカウントへの切り替えが完了したら、プロフィールの編集欄にウェブサイトを追加という項目が追加されています。

ここに自分のyoutubeチャンネルのURLを貼れば、tiktokの多くのファンにyoutubeも見てもらいやすくなります。

YoutubeにTiktokのリンクを貼る2つの方法

YoutubeにTiktokのリンクを貼る方法は以下の2つです。

  • チャンネル概要欄に貼る
  • 動画概要欄に貼る

それぞれの方法について解説します。

①チャンネル概要欄に貼る

チャンネル概要欄にリンクを貼る場合、まずYoutubeのページで右上のアカウントをクリックし「チャンネル」を選択します。

次に右上の「チャンネルをカスタマイズ」を選択します。

「基本情報」をクリックしてください。

「説明」の欄にリンクを記入して完了です。

②動画概要欄に貼る

動画概要欄にリンクを貼る場合は、まず右上のアカウントをクリックし「YouTube Studio」を選択します。

次に「コンテンツ」をクリックしてください。

リンクを記入したい動画を選択します。

説明欄にリンクを記入して完了です。

TiktokとYoutubeを連携する3つのメリット

TiktokとYoutubeを連携する3つのメリットは以下の通りです。

  • より多くのユーザーを獲得できる
  • Tiktokはいまから始めてもみてもらえるチャンスがある
  • Youtubeはマネタイズできる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

①より多くのユーザーを獲得できる

TiktokとYoutubeを連携することで、コンテンツの拡散力を上げ、より多くのユーザーを獲得できます。

現在、日本におけるTiktokのユーザー数は1,000万人近くまで増えてきており、Youtubeのユーザー数と合わせると7,000万人以上にまでのぼります。

多くのユーザーを獲得したい場合は、SNSの連携を図ることが重要です。

②Tiktokはいまから始めてもみてもらえるチャンスがある!

Youtubeは動画投稿を始めたばかりだと拡散力が弱く、誰にも動画を見てもらえない可能性があります。

しかし、Tiktokでは「おすすめ動画」という枠で初心者の動画も拡散されるため、今から始めても人に見てもらえるチャンスが十分にあるためおすすめです。

③Youtubeはマネタイズできる

Tiktokでは広告収入の機能がまだ追加されていません。したがって、動画投稿をマネタイズしたい場合はYoutubeを利用するのがおすすめです。

Youtubeをマネタイズするためには、SNSを連携し、ユーザーがうまくYoutubeへ流れるような導線を作ることが重要です。

YoutubeにTiktokから多くの登録者を集めるコツ3選

Tiktokから多くの登録者を集めるコツは以下の3つです。

  • リンクの詳しい説明を加える
  • Youtubeの切り取りをTiktokに流す
  • Tiktokにコンテンツを増やす

それぞれのコツについて解説します。

①リンクの詳しい説明を加える

Youtubeへの導入を増やすためには、まずリンクを見つけてもらう必要があるため、貼り付けたリンクを目立たせることが重要です。

また、リンクをクリックしてもらうためには、リンク先が安全なものだと主張することも大事なポイントになるため、リンクについて詳しい説明を加えておきましょう。

②Youtubeの切り取りをTiktokに流す

Youtubeで動画を公開したら、切り取りをTiktokに流しましょう。切り取りを流す際は、面白いシーンを選択することが重要ですが、全部の工程は流さないことをおすすめします。

続きをYoutubeで閲覧できるようにすることで、視聴を続けたいユーザーをYoutubeへ誘導し、登録者数を増やせます。

③Tiktokにコンテンツを増やす

Tiktokからyoutubeにユーザーがある程度流れたあとも、Tiktokにコンテンツを増やしていきましょう。

TiktokはBGMを利用した短い動画を多くの人に提供できるため、ファンを獲得しやすいというメリットがあります。

Youtubeアカウントをさらに盛り上げるためには、Tiktokの更新をこまめにすることが大切な要素です。

TiktokとYoutubeをうまく活用している例

TiktokとYoutubeをうまく活用し、大きな成果を上げている例は以下の2組です。

  • ねお
  • 渡辺リサ

今後SNSへ力を入れていきたいと考えている人は、成功事例から知識を吸収することが重要です。

それぞれのクリエイターについて解説します。

①ねお

ねおさんはtiktokのフォロワー数が220万人であり、Youtubeの登録者数も100万人を突破しています。

Youtubeでは料理の動画やメイク動画などさまざまな動画をアップし、ノンスタイルの井上さんなどの著名人ともコラボしています。

TiktokとYoutubeの双方で高い評価を獲得しており、SNSの連携をうまく活用しているクリエイターです。

②渡辺リサ

渡邉リサさんは、tiktokのフォロワー数が130万人、Youtubeの登録者数は19万人です。

「19歳の母親」として活動しており、Youtubeではお子さんとの動画をメインでアップしています。

Tiktokで多くの人に評価されており、今後ユーザーがYoutubeへ流入することで、Youtuberとしての活躍も期待できるクリエイターです。