リンクツリーとリットリンクの決定的な5つの違いを徹底解説

リンクツリーとリットリンクの違い

Linktree(リンクツリー)とlitlink(リットリンク)どちらも人気のリンクまとめサービスです。

本記事では、それぞれの特徴と違い、どちらを使うべきかを紹介しています。

違いを詳しく紹介する前に、簡単にそれぞれのサービスの概要を振り返っておきましょう。

Linktree(リンクツリー)とは

リンクツリー公式

リンクツリーは、リンクをまとめて1つのページに表示できるwebサービスです。リンクまとめサービスの中でも定番と言われているサービスで、シンプルな操作性が特徴です。

使い方に関する情報も多く出回っているので、わからない事があってもwebページや、動画などから解決法を見つけられるでしょう。

リンクツリー(linktree)とは【登録者1200万】linktree(リンクツリー)とは?登録方法&使い方を解説

litlink(リットリンク)とは

リットリンクは、日本で開発されたSNSリンクまとめサービスです。

ページの印象やデザインを作り込めるような機能が豊富に揃っており、ページのテンプレートデザインやリンクの種類の豊富さが特徴

さらに公式ページからカスタマイズの方法が解説されたページや、トラブル時の対処法などが細かく記載されているのも嬉しいポイントです。

litlink(リットリンク)とは【1分でわかる】litlink(リットリンク)とは?基本の使い方・作り方を解説

リットリンクとリンクツリーの5つの決定的な違い

ここからはリットリンクとリンクツリーの違いを解説していきます。まず表に違いがある点をまとめました。

リンクツリーリットリンク
デザインカスタマイズ
日本語対応×
マネタイズ機能×
アナリティクス
リンク種類の豊富さ
リンクツリーvsリットリンク比較表

続いて、各項目を詳しくみていきましょう!

1.リンクツリーは背景やボタンのカスタマイズが有料

リンクツリープラン内容
リンクツリーのプラン内容(Google翻訳済み)

まずはページデザインのカスタマイズについて。

リットリンクは現在、(R3.9月時点)無料で全ての機能が使用可能です。

対してリンクツリーはプランが無料とPRO、企業の中から選べますが、有料のプランを選択していないと細かいカスタマイズができません。ここが1つ目の大きな違いです。

しかし、リンクツリーの無料プランは、全く使えないというわけではありません。

基本的な機能は備えており、リンクの数も無制限なのでデザインなどにこだわらず、簡単にページを作りたい場合には十分な内容といえるでしょう。

2.リットリンクのみ日本語対応

リットリンクホームページ
リットリンクホームページ画像

リットリンクは、日本語対応ですが、リンクツリーは英語のページです。

リンクツリーの画面にも、難しい単語は出てこないので、英語が完全にわからなくても、なんとなく直感で問題なく使えるのですが、どうしても苦手に感じる方はいるのではないでしょうか?

対して、リットリンクは日本で開発されたサービスなのでもちろんページは日本語です。

サービスを使っていくにあたって、ストレスを感じずに使えるかどうかにも繋がるため、日本語対応かどうかは大きな違いだと言えるでしょう。

3.リンクツリーのみマネタイズ機能がある

リンクツリーマネタイズ
マネタイズ機能が搭載

リンクツリーだけに備わっている機能としてマネタイズ機能があります。

この機能は無料プランでも使え、あなたのコンテンツに対してページの読者からサポートや寄付を受けられます。

ワンクリックで簡単にコンテンツの収益化を見込めるのがリンクツリーの大きな特徴です。ビジネスも視野に入れてページを作りたい方にとっては、嬉しい機能と言えるでしょう。

4.リットリンクはアナリティクスが使える

リットリンク追加予定機能
機能のアップデート予定

リンクツリーの無料プランでは、簡易的なアナリティクスしか使うこどができませんが、リットリンクでは無料で全ての機能が利用可能です。

まだベータ版の機能で正式版のリリースではないですが、リットリンクで作成したページにどのサイトを経由して、アクセスがあったのかを表示してくれます。

アナリティクスを確認すれば、効果的なPRの方法や時間帯などを分析する事ができます。

5.リットリンクはリンクの種類が豊富 

好きな種類のリンクを豊富な方法から選択できる

リットリンクの優れている点として挙げられるのはやはり、ボタンリンクやテキストリンクはもちろん、画像リンクを使える点や、YouTubeの動画を埋め込めるところでしょう。

画像リンクや動画リンクを使うだけで、一気にリッチな見た目のリンクまとめページを作成する事ができます。

デザイナーやフォトグラファー、Youtuberなどのコンテンツを作成するクリエエイターにとっては必須の機能といえそうです。

リンクツリーとリットリンクそれぞれおすすめの人 

ここまでリンクツリー、リットリンク2つのサービスの特徴を紹介してきました。

リンクツリーとリットリンク、それぞれのサービスに向いている人の特徴を紹介します。

  • リンクツリー:シンプルなページを作りたい / ビジネスにも使いたい
  • リットリンク:デザインにこだわったリンクページを使いたい

まずリンクツリーは、シンプルなページを作りたい方におすすめ。簡単な操作性なので簡単にページを作る事が可能です。

とりあえずページの運用を始め将来的にはマネタイズを行う、ということも可能なので収益化を考えている方にもおすすめと言えるでしょう。

リットリンクはデザインにこだわったまとめページを作りたい人におすすめです。豊富なテンプレートやリンクの種類を生かし、自分だけのまとめページを作成する事ができます。

ブランドや商品のブランディングにも使えるので、コンテンツやアイテムを生かしたいという方にもリットリンクは心強い味方となるでしょう。

おすすめのリンクまとめサービス【SHOPPL】

SHOPPLホームページ画像

SHOPPLはブランドとビジネスを加速させる、まだ比較的新しいリンクまとめサービスです。

リットリンクの特徴である、画像リンクや音楽リンクなど、リンクパターンやページのカスタマイズは、SHOPPLも完全無料で利用でき、デザインにこだわったページを作成できます。

また、リンクツリーのように、収益化のためのコンテンツも簡単に追加できるのも、SHOPPLの特徴です。

ページのデザインにこだわりつつ、マネタイズも可能というリンクツリーとリットリンクの2つのサービスの良いところを合わせたようなサービスといえるかもしれません。